研修会「Web会議に馴染もう!」第1回を開催

360

 大阪府消費生活リーダー会は、平成31年度から取り組んできた、スマホを中心とした通信サービスの消費者問題についての啓発活動や、政府への意見を継続してきました。
 その効果は定かではありませんが、スマホを中心とした通信サービスは、電気通信事業法の改正などで消費者には価格や条件などで、納得感のある契約などに変化しました。

 

 「詳しくないから契約内容が理解できない」、「難しそうだから始められない」など、前段階の通信サービスなどで過去に断念した方や、導入を躊躇されていた方は、現在の消費者が利用する負担のハードルが低くなったことで利用が容易なり、コロナ禍という社会や生活様式の変化で、Web会議のあらためて需要が高まっています。

 当会では、かねてより新しい会議の形式であるWeb会議の導入を検討していましたが、価格や機器、通信環境などのハードウェア面と、通信料金や導入ソフトの一般化と運営側と参加側のソフトウェア面で、導入開始への一定の目処が経ちましたので、初歩の初歩からスタートしてゆっくりと時間をかけて導入していくことになりました。

 

 令和3年4月1日に開催された「Web会議に馴染もう!」の第1回目では、事前に参加される会員のITCの理解レベルや通信環境、Web会議の経験などのアンケートを実施して、会員それぞれのレベル感に応じた個別の支援で、参加された方のZoom(Web会議ソフト)を利用して、Web会議に無事に参加ができました。

 事前の呼びかけなどで、自宅から数名の方が参加されて、コロナ禍で1年ぶり以上の久々の顔合わせができ、参加者の顔が並ぶ画面に歓喜に沸き、参加された方の笑顔で終わりました。

 この「Web会議に馴染もう!」の取り組みは、①平日の日中などの会議や打ち合わせに参加できないなどの会員に向けて、参画の場を作り活性化すること、②Web会議など新たなコミュニケーションの手段が一般化する過程で、さまざまな立場の当会の会員が実践することで消費者が気をつける場面などの課題を抽出し解決していくことなどが狙いです。

 DX(デジタル・トランスフォーメーション)で産業構造が変わり、生活様式が大きく変わる中で、消費者団体としてWeb会議を道具として扱い、会員間の意見交換や、関連団体や行政のイベントへの参加や、個人の趣味の広がりなどが今後期待できます。
 さまざまな人との距離感に関係なく目の前の画面越しに会話できるコミュニケーションの手段の導入で、オンライン診療や移動を伴わない対話などが社会的に必要とされています。

 この「Web会議に馴染もう!」は何度でも開催して、1人でも多くの会員に導入のきっかけと参加していただくことを目的にしています。ご要望があれば事務局へ連絡いただければ幸いです。